2018年11月09日

星野で恵美(えみ)

葉酸という言葉は、あまり普段は聞きなれていない言葉ですが、妊娠すると絶対に耳にする栄養素の名前です。

母子手帳にさえその摂取が必要だと書かれてあるくらい重要なんですね。
すすんで取り入れることをすすめます。手軽に葉酸が摂れるサプリなんかもいっぱい売られています。一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜と呼ばれるものが該当します。



妊娠した後、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。葉酸の適切な摂取は先天異常の発症リスクが抑えられるという報告があります。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取を勧めたいものです。

今、二人子供がいます。


二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。

上の子が男の子でしたから、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けにチャレンジしました。その後、無事に妊娠し、性別が判明するまで少し心配もしましたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。
子供が少ない家庭が増加して自分の希望した性別の子を持ちたいと考える夫婦も増えているようですが、日本の医学の現状では、男女を産み分ける確実な方法はまだ見つかっていません。



そういった現状を分かった上でそれでもなお「挑戦したい」というならば、以下に記述することをやってみてください。
どういう方法かというと、排卵日を基準に男の子がよければ当日、女の子がよければその2、3日前に夫婦の営みを持つという方法が効果があるかもしれません。
現在、妊娠できなくて悩む夫婦は、調査の結果では10組に1組と出ています。実際、不妊治療に挑もうというときに、気になるのが費用が嵩むことです。地域によっては、助成金を請けられるケースおあるので、ぜひ使いましょう。
自治体ごとに申請内容が異なりますから、お住まいの自治体のインターネットページなどを調べてみて必要であれば申し込んでみてください。
表面的には何もかかわりがなさそうですが、妊娠と歯の健康という二つのものの間には、重要な関連性があることが分かっています。最近、分かった研究結果から、歯周病は早産や低体重児出産の危険性を上げるそうです。もし、妊娠してしまうと、治療方法も限られてきます。

http://www.innova-eu.co.uk/

妊活をしている方で歯医者さんにずっと行っていない場合は出来るだけ早く、行って診てもらいましょう。



妊活中に黒豆茶を摂取することは、賢い選択だと言えるでしょう。その理由としては、黒豆茶はカフェインを含有していないため、たとえ妊活中でも安心して飲むことが出来ます。


そのうえ、イソフラボンという黒豆に含まれている成分が妊婦に不可欠な女性ホルモンと似通った成分だからです。イソフラボンを十分に摂っておくと体や精神のバランス調整に役立ちますから、毎日欠かさずあたたかい黒豆茶を飲むようにしましょう。
治療段階で判明する不妊の原因というと、排卵障害や着床障害といった女性側に原因があるものと、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性側の原因とが挙げられると思います。もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。不妊対策をしたいと思ったら、男女双方が検査を受けると解決への糸口となるでしょう。

その味や食感が様々な料理に使われているそのクリーミーさが独特のアボカドは、炭水化物や脂肪だけでなく、葉酸というビタミンも豊富な食材です。健康な毎日を送るために、葉酸というビタミンは大事な役割を果たすものです。
良質の赤血球を増やし貧血を防ぐ、そして子供がお腹の中にいる間、子供に効率よく栄養を行きわたらせ発育を順調に進めるなど、人生の各ライフステージで必要な栄養素といっても過言ではありません。もしあなたが妊娠しやすい体になりたいのなら、心がけるべきなのが良質な睡眠をとることです。人間は睡眠が足りない状態が続くと、体内の活性酸素濃度が上がり、それが原因で卵子であったり精子であったりが酸化されてしまい、劣化します。

年齢が上がっていくと同時に衰えていく性機能を少しでもキープするため、がんばって妊活をしている時は睡眠をたっぷりととることに努めましょう。

Posted by よぬろてかほ at 20:50│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。