2018年04月22日

草間と友美

パートナーに不倫行為が発覚すると、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。

相手がきちんとした裏付けをとっていれば、やっていた方は明らかに分が悪いです。その場合、慰謝料の相場が分かれば気も楽ですが、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと大きな違いがあるようです。

http://www.xgeisha.com/

支払いがつらければ、減額が可能かどうか相談してみるのも悪くないかもしれません。
どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、個々の道徳意識によって異なると思います。異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気扱いする人もいれば、手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気扱いする人もいますからね。実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で「不貞」となります。まあ、穏やかな生活を送ろうと思ったら、いかにも浮気ととられかねない行動は控えたほうがいいです。

一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査する人の数にもよりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。当然のことですが、調査員が1人なら安く、多いほど高くなります。そして尾行の際、移動のために車やバイクを使った場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認が大切です。

配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。なるほど、もっともです。ただ、この調査の時点では敢えて難しく考えることもないのではないでしょうか。離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、動かぬ証拠を握っておいたほうが、絶対的に有利というものです。現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵業者に調査を依頼することを視野に入れても良いのではないでしょうか。浮気をしているかどうか確かめたい!そんな時には、2人で調査することが多いようです。


浮気をしているかの確認を調査員1人で大体の場合は行います。

浮気が明るみに出てきたのなら、もう一度話し合いをして浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。


興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、格別違うところが無いと言っても言い切れます。両方とも、浮気調査から身辺調査、同じような仕事内容です。


しかし、違いがあるとしたら、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人向けのようです。

不倫は家庭も人も壊します。そのような中で傷ついた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。

浮気によってパートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、人生に希望を見いだせなくなるといったケースもあります。それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。
興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば浮気の素行調査等で相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、成果が得られないことも考えられるので、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等を契約前に確かめておく必要があるでしょう。


それと、相談時に探偵と充分に話のすり合わせを行うことが結果を左右するのはいうまでもありません。興信所といっても、知らない会社に相談するのは気がひけることでしょう。話を聞いてもらうときに本名を名乗ることに抵抗を覚えるというのであれば、匿名相談でもオーケーという業者も少なくないですし、そういったシステムを利用し、信用のおける業者であることがわかってきたら、本名で詳細を相談することもできるのです。

探偵業者ではタダで相談員との面談ができるチャンスを設けているところが増えてきました。
大事な案件を発注するのですから、活用して損はないと思います。
よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める助けになるでしょう。

専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、頭の中でもやもやしていた問題を整理できるのは、大きな進捗ではないでしょうか。

Posted by よぬろてかほ at 00:53│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。