2017年12月31日

柳と鹿島

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってセルフケアは欠かさないようにしましょう。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいという患者の希望がある場合です。ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと考えている患者さんには、インプラント治療を考えた方が良いですね。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。


標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診を受けるように言われます。


メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいと考えてください。



普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。

安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。



インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。保険がきかない理由ははっきりしています。
この人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。



インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。
これでは折角のインプラントが台無しです。

http://www.e-rda.net/


理由としては、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。



こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって大きく異なります。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。
それでも、相場はあると言えます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。せっかく完了したインプラント治療も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらう必要はずっと続きます。
どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

Posted by よぬろてかほ at 23:28│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。