2017年05月22日

ホンドテンと保田

毎日摂取している乳酸菌のおかげで、私はすごく健康になることができたのでした。毎日朝には欠かさず、ヨーグルトを食べています。ヨーグルトというのは味にも変化をつけやすいですし、便秘になることなく過ごせます。

乳酸菌を摂取するようになってから、肌の方も調子がよくなってきて、体重も減ったのでした。
普段より屁の臭気に悩んでいる方は乳酸菌が効きます。
実はおならが臭いをもたらす原因は腸内にある悪玉菌によるものだとされています。そんなわけで、腸内の中の善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を防止する働きのある乳酸菌を摂ることで臭いを和らげることができます。


アトピーは乳酸菌の性質により、改善できる可能性があります。
アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEという名の抗体ができる働きを持ちます。
ただ、このIgEがあまりに多く作られてしまうと、体内では過剰反応を起こしてしまい、アレルギーを起こす結果になるのです。これがアトピーの原因だとされているのですが、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐ働きがあるといわれています。乳酸菌をいつ摂るかが気になりますが、決められたものがあるわけではないのです。
どれくらいを、どのくらい摂るかは商品のパッケージに、書かれていますから、それを基準にして下さい。



1日の摂取量を一度 でまとめて摂取するのと比較した時、回数を数回に分けた方が、吸収を高めるという点で効果があるやり方です。
ここ最近は年ごとに冬になればインフルエンザが大流行しています。年々予防注射を実施する人も増加していきていますが、都市部では相当の数の人が感染しています。
感染経路は多種多様だと思いますが、電車や街中、仕事場など、大人数と接触する空間で感染している可能性が考えられます。
便秘になってしまっても、薬があれば簡単に、なんとかできると思いますが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、、とりあえず、食べ物を見直して見ることが重要です。
実際、食物繊維が豊富に含まれた食べ物を摂るのが効果的で、不溶性、水溶性の2つの食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。

http://www.vopjip.org/
後、野菜やきのこ類、海草類をどんどん食べましょう。インフルエンザをあらかじめ防ぐために効果的だといわれているものに乳酸菌があります。
およそ1年前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大きく減ったという番組がありました。うちの娘が受験を控えておりましたので、それ以来、ずっとヨーグルトが食卓に並んでいます。
乳酸菌が腸までたどり着くタイプのヨーグルトが格別にいいそうです。便秘にいい食物を毎日食しています。どういうものかといえば、バナナとヨーグルトでなんですね。ほんと毎朝摂っています。



ずっと、頂いているうちに、便秘が解消してきました。
あのようにも頑固で、ひどかった便秘が消失できてお薬を飲むことも なくなっちゃいました。
現時点でポッコリしていたお腹も、へっこんできていて続けてよかったと思います主に一歳から五歳くらいの子どもがインフルエンザ感染し、発熱してしまった後、急速に痙攣や意識障害、異常行動等の症状を引き起こすのがインフルエンザ脳症といったものです。

インフルエンザ脳症は、命にも関わってくる深刻な疾患であり、病気の回復した後に後遺症が残ってしまうこともありうるのです。
知っての通り、乳酸菌を過剰摂取しすぎたとしても特に副作用を心配する必要はありません。ただそうではありますが、いくら体に良いからとは言ってもヨーグルト等で多く摂取し過ぎてしまうと、カロリーオーバーとなる可能性がございます。

消化し吸収できる量には限界があるので、常識的な範囲を守っておくと安心でしょう。  

Posted by よぬろてかほ at 15:19Comments(0)